About manipuri

<マニプリ>のデザイナーK は、
40 年代~ 70 年代にかけてヨーロッパで実際に使用されていた、

ヴィンテージスカーフに魅了され大量のスカーフを
コレクションしています。

ヴィンテージスカーフが、なぜこんなに魅力的なのか…。

コレクションの中にはゴッホをはじめ有名画家による絵画が、
そのまま落とし込まれたヴィンテージスカーフなどがあります。

眺める事しか出来なかったお気に入りの絵画を
そのまま身に着けられる感覚。
その幸福感に一番の魅力を感じています。

パリでのヴィンテージスカーフ収集は、
まるでお気に入りの絵画を発掘する様なとても特別な時間です。

そんな、ヴィンテージスカーフの素晴らしさを
たくさんの人へ伝えたいと思い、
当時の雰囲気を残しつつ時代に合う様、

スカーフからストールへと落とし込み、
ブランド<マニプリ>を2012 年に立ち上げました。

ブランド名の由来は、インドのmanipur(マニプル)州で
毎年11 月の満月の日に行われるホーリー祭。

色々な花や色粉を舞い上げながら踊るダンス・・この風景が、
スカーフの華やかな色彩に似ていると感じたことから、
ブランド名をmanipuri と名付けました。

ヴィンテージスカーフの柄は勿論ですが、
<マニプリ>は素材やサイズにもとてもこだわりを持っています。

どんな巻き方でも美しく計算されたサイズ感、
季節ごと1%ずつ洗練された混率素材とボリューム感。

誰もが着心地良く美しい絵を身に着けられる様、
毎シーズン研究を重ね進化し続けています。

例えば、シルクのスカーフは、日本製でストールはインド製。
全て熟練の職人による手捺染(ハンドプリント)です。

日本製のスカーフは、ツイル織りシルク、そしてふちの始末は、
高級感とやさしい風合いの手巻き三つ巻き縫い(よりぐけ縫い)で
仕上げています。
インド製ストールは、
ヘリンボーン織やダイヤモンド織でカシミヤ混、ウールシルク、
コットンシルクなどの上質な素材を使用しています。

肌馴染み良く、
程よいボリューム感で体にフィットしやすく考えられています。

ヴィンテージスカーフの柄選びは、シーズンごと、レディース、
メンズでその都度考え厳選しています。

そして、同じ柄でも素材ごとに微妙に色の出かたが違うのも面白い。

ヴィンテージスカーフのコレクション、
そして素材や織りの研究など<マニプリ>は、
更なる最高級に向けて追究し続けます。

<マニプリ>は日本をはじめ海外ではフランスやイギリスなど、
ヨーロッパを中心に15ヵ国で人気を集めています。